イシュタール 副作用

イシュタールの不安点を解消しよう【無添加だけど副作用の心配は?】

イシュタール 副作用

 

保湿効果もアンチエイジング効果も高評価のオールインワン美容液、イシュタール。

 

そんなに効果があるなんて、なにか強い成分が含まれているのかな?なんて思ってしまいませんか?

 

効果の代償として副作用があるのでは困ってしまいますよね。

 

最近では敏感肌の人も多く、お肌にやさしい無添加の基礎化粧品を使っている人も多いでしょう。

 

できればイシュタールも無添加なら嬉しいですよね。

 

イシュタールを使ってみたいけど、お肌にやさしいのか、効果はあるけど副作用があったりしないのか、気になるところ。

 

そこで、イシュタールはお肌に刺激があるのか、考えられる副作用はないのかを調べてみました。

 

 

イシュタールは6つの無添加

 

保湿力とアンチエイジング効果はバッチリのイシュタール、答えから言ってしまうと、実は無添加なんです。

 

「お肌にやさしい6つの使い心地」として、6つの無添加を約束しています。

 

石油系界面活性剤、パラベン、紫外線吸収剤、鉱物油、語勢着色料、エタノールの6つです。

 

これは、嬉しいですね。

 

もちろん、パッチテスト済。

 

さらにイシュタールは、スティンギングテストというのも行っています。

 

ちょっと耳慣れない言葉ですが、化粧品を使ったときのピリピリ感やチクチク、ムズムズ感をテストするものだそう。

 

確かに、チクチクと刺激がある化粧品もありますよね。

 

そこまでテストされているイシュタールは、お肌にやさしい基礎化粧品。

 

敏感肌の人でも、季節が変わることに揺らぎがちなお肌にも、安心して使えます。

 

 

イシュタールの副作用

 

では副作用はどうなのか?

 

イシュタールの成分を詳しく見てみましたが、特に副作用を引き起こすような成分は配合されていませんでした。

 

お肌にやさしい無添加なのに副作用があるなんて、矛盾してますものね。

 

イシュタールは、安心して使えるオールインワン美容液です。

 

ですが、ひとつだけ気をつける点が。

 

それは、アレルギーのある人は注意をするということ。

 

アレルギーがある人は普段から、食べ物や化粧品の成分を気にしていると思います。

 

イシュタールも、例外ではありません。

 

いくらパッチテストやスティンギングテストをしてあるといっても、全てのアレルギーが起こらないというわけではないと、公式サイトでも書かれています。

 

きちんと成分を確認し、気になるときは問い合わせをしてみるといいでしょう。

 

 

まとめ

 

イシュタールは副作用の心配のない、無添加でお肌にやさしいオールインワン美容液だということがわかりました。

 

夏と冬では肌質も変わりがちですが、1年を通して安心して使うことができそう

 

お肌にやさしいのにしっかり保湿してアンチエイジングケアまでできるなんて、高評価を得ているアイテムなのも納得です。

 

成分が気になる方は、公式サイトを見てみることをおススメします。

 

商品の詳しい情報はもちろん、口コミやお得な情報も確認できますよ。

 

>>イシュタールの詳細はこちら