イシュタール 効果的な使い方

イシュタールを知って効果倍増!【効果的な使い方を解説!】

イシュタール 効果的な使い方

 

イシュタールは1本で6役を務めるオールインワン美容液。

 

手間もかからず簡単にケアできるところが、忙しい女性にも大人気のポイントです。

 

そんな簡単ケアのイシュタールには、効果的な使い方というのはあるのでしょうか。

 

普通の化粧品やアイテムでも、「こんな使い方もあったんだ!」というような効果的な使い方をしている人もいますよね。

 

イシュタールにもそんな効果的な使い方があるのなら、ぜひ実践したいところ。

 

そこで、イシュタールの効果的な使い方についてリサーチしてみました。

 

 

イシュタールの基本的な使い方

 

まず、イシュタールの基本的な使い方を知っておきましょう。

 

イシュタールは1つで6役、導入液、化粧水、乳液、美容液、クリーム、パックの役目をしてくれます。

 

公式サイトで紹介されている使い方も、とてもシンプル。

 

洗顔後、やさしく水気を拭き取った後、ワンプッシュを手のひらに出します。

 

ここで、手のひらで少し温めるのがポイントです。

 

そして顔をやさしく包み込むようになじませ、さらにもうワンプッシュで耳の下やフェイスライン、首からデコルテへとなじませていきます。

 

やさしくマッサージしながらなじませていくといいようです。

 

口元や目元、特別にケアしたい箇所がある場合には、もうワンプッシュでケアをします。

 

イシュタールの基本的な使い方は、これだけです。

 

化粧水や乳液といろいろ揃える必要もなく、時間短縮にもなりますね。

 

さらに何種類も重ねて塗らなくてもいいため、お肌に負担もかけません。

 

 

イシュタールの効果的な使い方

 

イシュタールの使い方はあまりにも簡単すぎて、効果的な使い方なんてないように思えますね。

 

いろいろと検索してみたのですが、やはりこれ以上の使い方は見つかりませんでした。

 

しいて挙げるなら、手のひらで温めてからなじませること、やさしくマッサージしながらなじませることでしょうか。

 

その他で言えば、効果的な使い方というわけではありませんが、顔以外に使っている人もいるようです。

 

乾燥しがちな冬、膝や腕、足に塗るのもアリかもしれません。

 

手に多く取りすぎてしまった時は、ハンドクリームのように手に塗りこむのもいいですね。

 

 

まとめ

 

1つで6役のオールインワン美容液のイシュタールは、基本的な使い方で十分な効果が得られます。

 

顔だけでなく、腕や膝などカサつきが気になる部分にも使うのもいいかもしれません。

 

効果を十分得るのに大切なことと言えば、きちんと使い続けること。

 

お肌のターンオーバー周期も関係しているので、最低でも3ヶ月は使い続けたいところです。

 

イシュタールのお試し定期便は、その点も配慮したお得なサービス。

 

買い忘れの心配もないし、買いに行く手間まで省けてしまうお試し定期便なら、きちんと続けられること間違いなしです。

 

まずはイシュタール公式サイトをチェックしてみてください。

 

>>イシュタールの詳細はこちら